2006年06月18日

The race is not to the swift.
(競走は速い者が勝つとは限らない)

クリッパーは現世界最高峰の俊足帆船じゃ。
何せ、クリプ。つまり切って詰める。
時間を切って詰める事から名前が付いておる船じゃ。

中世から英国で200年近く守られてきた
航海条例の廃止を商売のチャンスと捉えた
アメリカ商人達が1800年代の中ごろ作り上げた帆船の最高傑作が
クリッパーなんじゃ。

15世紀の海の覇者。ガレーはレパントの海戦などで活躍した船じゃ。
最初の頃は自由民を募って船を漕がせていたようじゃが
後期になると奴隷を乗せておったそうじゃ。
18世紀になるとそんな軍船の時代も幕を閉じてしまった。
我が家では

これがさおたんの艦
<嫁船 クリッパー クリッパー シ18%>

愛艦 赤き薔薇の塔
<夫船 アラビアンガレー ローズオブ ザ タワー>

たぬ吉 漕船スキル

流石、我が嫁。
船を頂いた時のまま
名前すら付けていないOTZ

今日はどっちが逆風で速いかと言い合いになった。
順風では2世紀もクリップした彼女の船が速いに決まっておるが

逆風では風で進むしか能の無い!
デカイだけ船に負ける筈が無い!

というわけで、アドリア海で
夫婦の主導権を賭けた。3本勝負となったのじゃ。

1試合目

1試合目開始

夫婦の戦い

当然の勝利

アンコナを越えた辺りで、さおたんの操帆が切れた
その隙を狙って、たぬ吉がダッシュ。
圧倒的な差をつけたぬ吉が勝利。

2試合目

第2試合 開始

やはり、アンコナを越えた辺りで
さおたんの操帆が切れるも
今回は素早いスキル発動で食い下がる
しかし、やはり歴然の差をつけ
たぬ吉がゴールに迫った。
瞬間を取ろうとSSを撮ったのがまずかった

これがまさかのオウンゴールを呼ぶSSじゃ

クリックが一瞬凍りついた
ヴェネツィアが・・・
勝利が・・・
遠のく
まさかのオウンゴール@@;

この間にさおたんが港に飛び込み
彼女の大歓声がこだまする中
うちひしがれての入港><;

3試合目

最終戦 開始

画面右上の小さいのがわしじゃ

無かった筈の3戦目開始。
今度はスタートで角度がずれておった。
最初にSSを撮ったらちょいずれてしまったんじゃな
しかし、負けられん。
序盤のずれを修正しつつ、漕ぎに漕いだ!

双方は徐々にピッチを上げ
ゴールのヴェネツィアに近づく
ヴェネツィア前の入り江では
双方横一線、わずかにさおたんがリード
そして写真判定もとい。艦隊チャット判定で
さおたんの勝利。

さおたん辛勝

たぬ吉残念。ドーハの悲劇再び><;
これでまた、夫婦の主導権はさおたんに!
たぬ吉はガレー船の船倉行き決定!

彼女曰く「たとえ鼻差も、勝ちは勝ち!」m(__;)m悔しい!

速い方には曳いてもらいますw

<速い方が引っ張る。海の常識じゃ>
posted by たぬ吉 at 10:37| Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僅差で負けたって事は
漕船はまだ鍛えられますから
ケープ海盆やアガラス海盆で
鍛えれば勝てますよ
・・・多分

>これでまた、夫婦の主導権はさおたんに!
元々主導権はさおたん殿では・・・
(突っ込んじゃダメか?w;)
Posted by 雀 清一 at 2006年06月18日 19:56
たぬ吉さん、惜しかったですね><
それにしても逆風でも速い帆船、
恐るべしさおたんクリッパー^^;
Posted by ランペルール at 2006年06月18日 21:13
大海戦の最中を突っ切って東へ向かわれたのはこれのためでしょうか・・・。
英国は大海戦なかったですからねぇ。
Posted by はいすろて at 2006年06月19日 13:15
うちもJeanneを、アラガレ乗せるために、
海事復帰させました。
(復帰させたのには、別の目的あるんだけど^^;)
その分Charは、やっぱりクリッパー乗せたいですね〜^^
今回のコメント、おもしろく見させてもらいました。



>これでまた、夫婦の主導権はさおたんに!

時代が変われど、
妻は強し!母は強し!オンナは強し!
Posted by Charlotte & Jeanne at 2006年06月19日 23:26
>雀へ
鍛え直しにインドへ行くかのぉ。
主導権は・・・
日本代表がブラジルに勝つぐらいの壁じゃな
><;下僕らしいからのぉ。
せめて執事ぐらいに昇格したいもんじゃ。

>ラン君へ
クリッパー風に乗ると飛んでもなく速いのぉ。
向かい風で、ジグザグ航行もせんのに
この速さじゃからのぉ。

>はいすろたんへ
はいすろたんこそ大海戦中に
わしらを見つけるとは
流石余裕じゃのぉ^^

>シャルさまへ
時代かわれど
場所かわれど
わしの立場はかわらん><;くぅっ

いつか必ずじゃ。かならず亭主となって見せるのじゃ
Posted by たぬ吉 at 2006年06月21日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19444967

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。